タイが舞台となった小説 』 タイおすすめ本 タイ文学・タイ王国関連書籍・タイ旅行ガイドを徹底的にかき集めてみました
タイ バンコク ホテル サービス・アパートメント 格安 予約 タイ映画 タイDVD&ビデオを徹底的にかき集めてみました タイ文学 タイが舞台の本 タイ関連の本 タイ旅行ガイド :: タイ観光・就職の前に必読! 日本を代表する適性検査「内田クレペリン検査」がタイでもご利用いただけます

どんな タイ 本をお探しですか?

お好みの条件を設定して検索ボタンを押してください。
ジャンル

タイ 本 検索結果

42冊見つかりました

山田長政の秘宝―シャム日本人町の超人 角川文庫

和久峻三

駿府大学日本史科の学生・横井江里子が誘拐された。犯人はルームメートの高塚貴代美に、静岡の旧家秋浜家の土蔵に忍び込み茶箱を盗み出せと要求してきた。貴代美と江里子の婚約者、大学院生の村松順一は言われる通りに茶箱を盗み出した。中には生首が二つ。翌朝、生首は忽然と消え、犯人からの第2の要求で、再び土蔵から金箔の小箱を盗み出した。小箱の中には星座と象形文字が刻まれている。炎のように赤い亀の容器があった。犯人から渡された江里子の居場所を示すフィルムには山田長政の肖像が写っていた。象形文字は、タイ国境に住むモソ族の文字と判明、江里子を求め二人はタイに飛ぶ。

タイが舞台となった小説

観光

ラッタウット・ラープチャルーンサップ, 古屋美登里

失明間近の母と旅にでかけた青年の優しさが胸を打つ表題作、若い兄弟が大人への苦い一歩を経験する「カフェ・ラブリーで」ほか、色鮮やかなタイを舞台に、家族や友人とのかけがえのない絆を描く7短篇を収録。

タイが舞台となった小説

愉楽の園

宮本輝

水の都バンコクの運河のほとりで恋におちた男と女。めくるめく陶酔の果てに、ふたりはどこへ連れ去られていくのか。恋愛小説に新しい局面をひらいた、宮本文学円熟の成果。

タイが舞台となった小説

海狼伝 文春文庫

白石一郎

対馬で育った少年が史上名高い村上水軍の海賊集団に参加、zW海のウルフzWに成長していく青春を描く。海洋冒険時代小説の最高傑作

タイが舞台となった小説

ぼくも、シャム行きさん

岩城雄次郎

気鋭のタイ文学者がフィクションのかたちで描く文化状況逆転の喜劇。昔ジャパ行き、今はシャム(タイ)行きの物語。

タイが舞台となった小説

地雷をふんだ象モタラ―モタラとローンムの物語

はしもとけんじ

「わたしは、生きるのが、好き!」大好きな人間にうらぎられ、片足をうしなったモタラ。でも、友だちのローンムといっしょなら、だいじょうぶ!あつい勇気がわいてくる本。

タイが舞台となった小説

おじさんバンコク大脱走―タイ5泊6日おとこ旅

岡崎大五

リストラにおびえる中年サラリーマンが、悪友のフーテン作家にそそのかされ、生まれてはじめてタイのバンコクへ。会社も家族も忘れて過ごす5泊6日の珍道中で、彼の心に不思議な変化が…。ちょっぴり疲れたニッポンの男たちに贈る、トラベルヒューマンコメディ第1作。

タイが舞台となった小説

バンコク楽宮ホテル残照

谷恒生

「路地には椰子油とナンプラーとバナナの腐ったようなにおいと、人間の消耗の臭いがあつぼったく澱んでいて、その臭いを嗅ぐとヤワラーにからだをはこんできたことをようやく実感する」 1980年代、まだバックパッカーという言葉もなかったころの傑作旅行小説『バンコク楽宮ホテル』の著者が、再びバンコクを訪れた。急速に近代化が進むバンコクと、そのなかにあって相変わらずの混沌を見せるヤワラーやクロントイを背景に、懐かしい面々との邂逅(かいこう)や暗黒社会との接触を描く。 何といっても登場人物が皆恐ろしく個性的だ。アフガン帰りの筋金入りの旅行者、狂犬病氏。クロントイに住む怪しい男、長兵衛。少々頭の弱い蔡君。謎の老人、雲仙老。タイ人の妻をもつ伊勢崎君。ウズベキスタンから来た若い女性モニカ。ひと癖もふた癖もあるキャラクターたちの視点から、国際情勢や裏社会、さらには20年という歳月が変えたもの、変えなかったものを描き出してゆく。巧みに描写されたバンコクの混沌とした空気が、ともすればおとぎ話にもなりかねない彼らの存在に重厚なリアリティを与えている。 決して感傷に満ちた紀行ではない。50代になった著者はむしろ冷淡ともいえる目で、20年後の現実を受け入れていく。しかし、現実を受け入れることこそ、旅行者の視線なのだろう。著者は体力の衰えをしきりと口にするが、元旅行者、そして現役の旅行者に、再び旅に出たいと思わせるバイタリティーはいまだ健在である。(大脇太一)

タイが舞台となった小説

モタラの涙―地雷を踏んだ象さんの物語

江樹一朗

地雷を踏み、片足を失った象モタラ。

タイが舞台となった小説

海王伝 文春文庫

白石一郎

海と船への憧れを抱いて対馬で育った笛太郎は、海賊船黄丸の船大将となつてシャムを舞台に活躍する。バンコクは明国の海賊マゴーチの本拠地。マゴーチは笛太郎の実父だが、笛太郎が異母弟を殺したことから、親子の宿命的な対決となる。海に生きる男たちの夢とロマンを描いた直木賞受賞作『海狼説』の続篇。

タイが舞台となった小説

チェンマイの首

中村敦夫

国際派俳優の本格ハードボイルド作品。堂田将司は米上院議員マッキャノン2世の主宰する秘密情報機関・日本拠点員である。東京赤坂の路上で焼殺事件に遭遇した彼は、首なし死体の謎を追ってタイへ飛ぶ。灼熱のタイ王国を巻き込む前代未聞の大陰謀とは?アジアの動乱と変革を鋭くえぐる国際情報小説第1弾。

タイが舞台となった小説

天使の住む街で―タイ・バンコク夜の街角物語

tt‐bear

本書は、著者のホームページをまとめたものである。誤脱字の修正、おかしな言い回しの修正、それにタイに行った事がない人でも出来る限り理解出来るように、説明的な部分を増やした。確かに主体になっているものは風俗だが、別にエロ小説でも風俗情報でもないのであしからず。

タイが舞台となった小説

ララーイ―バンコクの幻影

桜家章

トオルは、タイの首都バンコクへ「未来」を求めてやって来た。まともに、素朴に生きることが不恰好であるかのような現代の中で、自身の手ぬるさに苦悩しながらも、誠実に前向きに生きようとする。彼が本当にみつけたかったもの、手にしたものとは何なのか…。

タイが舞台となった小説

アユタヤ日本人町の決闘

村上禎一郎

一九七五年米軍はヴェトナムから撤退、サイゴンは陥落した。ラオス、カンボジアも相次いで体制崩壊する。国境をゲリラに包囲され革命寸前の危機に追い込まれたタイ。全土に吹き荒れるヤマネコスト、テロの恐怖下、日系企業の先兵としてタイに派遣され、疾風のように騒乱の嵐の中を駆け抜けた一人の若者がいた。彼は、戦国の大航海時代シャムに朱印船で雄飛、一国の王となるもマレー半島で非業の死を遂げた先達山田長政の末裔か、再来か。彼を待っていたものはゲリラ崩れの革命家との壮絶な死闘だった。東南アジア進出の草創期、先駆けとして苦闘した叩き上げ中堅企業経営者と、若きリーダーの生き様を渾身の筆致で活写する問題作。

タイが舞台となった小説

暁の寺 豊饒の海

三島由紀夫

「暁の寺」はエキゾチックな色彩的な心理小説。各巻20歳で夭折する主人公は、すでに第一巻の貴公子から第二巻で愛国少年に、さらにこの巻ではタイの王女月光姫へと生れかわった。

タイが舞台となった小説

プラータナー: 憑依のポートレート

Uthis Haemamool (原著), ウティット ヘーマムーン (著), 福冨 渉 (翻訳)

絡み合う政治とエロス。ある芸術家の性愛遍歴を通して語られる、国家の「からだ」の欲望とは。タイ現代文学気鋭の小説家の初邦訳。

タイが舞台となった小説

色 Colors

三山桂依 (著), プラープダー・ユン (著), 戸根由紀恵 (翻訳)

タイと日本、それぞれの国と文化を敬愛する2人のクリエイターが「色」をめぐる物語を紡いだ短篇集。 色はその国ならではの文化の特徴をよくあらわす。 2人の書き手は、日本とタイから、それぞれ2色を選び、共通のテーマとして色であって色でない「白」を取り上げた。 俊逸多才のアーティストが描く、 色と言葉をめぐるシュールな物語のオムニバス。

タイが舞台となった小説 タイ文学とタイ文学解説

天使たちの反乱―タイ王国崩壊

岩橋ジャニイ

腐敗した駐タイ米軍とタイ政府。華僑の経済独占。台頭する反日組織と反政府組織。ベトナム戦争の暗い影。そして、情熱を秘めたタイ女性の愛と悲しみ。気持ちは揺らぎ、仏心を求める。やがて史上空前のクーデターに遭遇し―照りつける日射し、濃密な大気の中、’60年代後半から’70年代前半の激動するタイを舞台に、建築デザイナー・正に訪れる出逢いと別れ―混沌たるタイ王国を臨場感豊かに描き上げた珠玉の長篇小説。

タイが舞台となった小説

日本人ごっこ

吉岡忍

アヘン作りの山々に囲まれた、タイ北部の小さな貧しい村。そこで少女カンティアは育った。13歳のとき、家出同然でバンコクへ出てきた少女はある日、スポーツ・スタジアムに現れた。そして、人のよさそうな管理人に言ってみた。「わたしは日本人です」。この瞬間から、カンティアの楽しい100日間がはじまった…。タイ国内を沸かせた愉快な事件の背後から、急激な日本化の波に揺らぐアジアの屈折した現実が貌をのぞかせてきた。

タイの社会 タイが舞台となった小説

タイ南イサーン鉄道: タークのタクサンとタックチャン 東南アジア小説

アセアンそよかぜ

東南アジアに毎年渡航する筆者の経験をもとに執筆した、東南アジア10か国をテーマにした、小説シリーズの2編です。【書籍説明】1本目が「タイ南イサーン鉄道」タイの東北(イサーン地方)の南側の都市、ウボンラーチャタニーに日本からの本部長村田の命令でやってきた駐在員社員黒田。タイの雰囲気が好きで入社し、バンコク支社勤務を希望したのにも拘らず、タイの日本人コミュニティに嵌っていた彼を快く思わなかった村田は、バンコク支社を立ち上げたほどのタイ通。彼にもう一度タイの雰囲気を味あわせようと選んだのが南イサーン地方を走るローカル列車。村田と命令で早朝の列車に2人で乗った黒田の運命は?2本目が「タークのタクサンとタックチャン」妻・清美がツイッターで知り合ったという、日本語を現地の人に教えているタイ人「タク」に会いにいくために、夫の政夫とやってきた街ターク。タクと会い、タクに小さな町を案内していると、小さな仔猫がついてくる。仔猫を巡って3人が繰り広げる心温まる物語。他、タイシルクに関する短編小説1編含

タイが舞台となった小説

バンコク危機一髪

岡崎大五

ハチャメチャ添乗員でおなじみ! 岡崎大五のタイ騒動記 ぶらぶら旅行を楽しんで、ふと気づくと金がない! Tシャツにビーチサンダルを引っ掛けて、バンコクで必死に職探し。みつかったのは、タイの警察高官が副業で始めた法律事務所。これからいったいどーなるの!?

タイが舞台となった小説

燃えよ 青春のガルーダ

宮本直和

青年教師の湯村一平は、ある日突然に学校長から、海外派遣教員となることを要請された。そして、タイ国のバンコク日本人学校に赴任し、シラミ事件、コブラ事件、洪水、クーデター等に出会う中で、新しい世界を垣間見る。この小説は、全ての海外勤務者が、必ずや経ざるを得ない異国での精神彷徨をモチィーフにしたものである。主人公は、「戦場に架ける橋」のクワエ川鉄橋を訪問して、悲劇の過去を知り、タイのジャングルの寺、アユタヤ遺跡、パタヤ海岸で不思議な体験をする。この事が、アジア再発見の道となったのである。

タイが舞台となった小説

女スパイ、戦時下のタイへ

羽田令子

帝国陸軍の諜報活動を命じられた日本人女性が織りなす人生模様。タイ在住作家による戦争と人間の記録。

タイが舞台となった小説

山田長政の秘宝―シャム日本人町の超人 カドカワノベルズ

和久峻三

駿府大学日本史科の学生・横井江里子が誘拐された。犯人はルームメートの高塚貴代美に、静岡の旧家秋浜家の土蔵に忍び込み茶箱を盗み出せと要求してきた。中には生首が二つ。翌朝、生首は忽然と消え、犯人からの第2の要求で、再び土蔵から金箔の小箱を盗み出した。小箱の中には星座と象形文字が刻まれている。炎のように赤い亀の容器があった。犯人から渡された江里子の居場所を示すフィルムには山田長政の肖像が写っていた。象形文字は、タイ国境に住むモソ族の文字と判明、江里子を求め2人はタイに飛ぶ。

タイが舞台となった小説

アユタヤから来た姫

堀和久

藩主の長男とアユタヤから嫁いだ姫は藩内の誤解、幕府の圧力にめげず人生を切り開いていく。感動の書き下ろし長編。

タイが舞台となった小説

暹羅国武士盛衰記―真説 ヤマダナガマサ

岩城雄次郎

野望の倭人か、悲運の武将か?謎に満ちた歴史上の人物に架空の人間西村正長を配して、山田長政非業の死の真実に迫る。タイ文学の泰斗による徹底した現地取材の成果がここに。

タイが舞台となった小説

メナムの濁流

鬼島紘一

巨大利権をめぐって陰謀渦巻くタイを舞台に強大な権力に翻弄される日本人エリート・サラリーマンと美貌のタイ・ダンサーの悲劇!陰謀・流血・悲劇・海外における日本企業の実像を暴く!新進気鋭の著者渾身の書き下ろし長篇企業小説。

タイが舞台となった小説

スラム街の少女 灼熱の思いは野に消えて

泰田ゆうじ

幼児売春、臓器売買の手先を相手に命をかけるのは 日本人とスラム街の仲間だった! 愛は国境を越えてやってきた―― 「関係ねえか……でもほっとけねえな」 スラム街の少女を助けたことから事件に巻き込まれるタイ駐在員は、幼児売春、臓器売買シンジケートの手先を相手に命をかける日本人だった。旅行者には知ることのできないタイの深い闇の世界へと踏み込む日本人駐在員・木村譲。不思議な力を持つスラム街の少女プンとともに、愛と友情をかけて闘いが始まる!

タイが舞台となった小説

山田長政 他

山岡荘八

日本は狭すぎる。理不尽なことが多すぎる。主家が幕府の陰湿な謀略で改易となるにおよんで、山田長政は決意した。そうだ、おれは世界にはばたこうと。真の男の生き方を求めて、波涛さかまく大海原に乗り出した果敢なる日本男児の生涯―。他に「頼朝勘定」「親鸞の末裔たち」「黒船懐胎」を併禄。

タイが舞台となった小説

サヨナライツカ

辻仁成

“好青年”と呼ばれる豊は結婚を控えるなか、謎の美女・沓子と出会う。そこから始まる激しく狂おしい性愛の日々。二人は別れを選択するが二十五年後の再会で…。愛に生きるすべての人に捧げる渾身の長編小説。

タイが舞台となった小説

マンゴー・レイン

馳星周

馳星周の新たなる代表作、誕生! タイ生まれの日本人・十河将生。借金を重ね、妻を亡くし、再びタイに舞い戻った。彼は、中国人の女をシンガポールに連れ出す仕事の依頼を受けるが、そこには予期せぬ無数の罠が仕掛けられていた!

タイが舞台となった小説

王国への道―山田長政

遠藤周作

シャム(タイ)の古都で暗躍した山田長政と、切支丹の冒険家・ペドロ岐部――二人の生き方を通して、日本人とは何かを探る長編。

タイが舞台となった小説

バンコク喪服支店

深田祐介

支社長の人柄の反映して万事がタイ風に和気あいあいだった、三愛レイヨンのバンコク支社。そこへ東京本社から、野心満々の新しい役員が着任した。タイの流儀を無視する彼に、現地社員たちは硬化し社内の雰囲気も激変。そして遂に大事件が…。日本の海外進出企業が現地で直面したトラブルを軽妙に描いたビジネス最前線小説。

タイが舞台となった小説

タイ娼館・イサーンの女たち

富岡悠時

タイが舞台となった小説

アンナと王様 講談社ルビーブックス

エリザベスハンド

ジョディ・フォスターとチョウ・ユンファの二大スター主演で話題となった映画、「アンナと王様」。身分と異文化の壁を越えた、恋と友情のロマン大作! 「23人の妻、42人の側室、58人の子供、それにもうすぐ生まれる10人。それぞれ個性だ」 モンクット王の誇らしげな言葉に、アンナは息をのんだ。耳をつんざくような銅鑼(どうら)の音が鳴り響くやいなや、王に向かって全員が整然とひざまずき、草むらに頭をこすりつけた。 「わが愛する家族たちよ、紹介しよう。はるばる航海してきた、お前たちの先生だ。」 10歳になる一人息子ルイと共に、バンコクにやってきた、イギリス人女性アンナ。シャム(現在のタイ)を治めるモンクット王の子供たちの家庭教師として招かれたのだ。 物怖じせず、正義感に溢れたアンアと尊大ながら開明的で、じつは深い愛情の持ち主であるモンクット王。二人はやがて理解し合い、心ひかれていくが……。

タイが舞台となった小説

アユタヤの十字架のもとに

羽田令子

17世紀後半のシャム(タイ)王室。外国人ながら中枢に重用されたファルコン。その妻マリは、キリシタン弾圧から逃れた日本人の子孫だった。欧州列強の使節たちの思惑、王位継承をめぐる内乱、歴史に翻弄される二人は…。第16回日本文芸大賞女流文学賞受賞作。

タイが舞台となった小説

タイ・シルクの花嫁 ハーレクイン・ロマンス2

アンウイール, Anne Weale (原著), 鏑木ゆみ(翻訳)

会社の合併による人員整理で仕事を失い、恋人とも別れたクラリは、自分を取り戻すために東南アジアへの旅に出た。タイのチェンマイで19歳のイギリス人ニーナと知り合ったが、ニーナはマリファナを買ったぬれ衣を着せられ逮捕されてしまう。保釈金が払えず、彼女は3週間も刑務所に入ったままだ。クラリは見かねて、ニーナの義兄アリステアに国際電話をかけた。ニーナの話では、彼は大金持で高額の罰金もなんでもないという。彼はとにかく明日チェンマイに行くと言って電話を切った。観光シーズンの2月に、本当にロンドンから来られるのだろうか?だが翌日、夕食を一緒にというアリステアのメッセージが彼女に届いた。

タイが舞台となった小説

小説泰緬鉄道

清水寥人

タイの歴史 タイが舞台となった小説

バンコク喪服支店

深田祐介

タイの現地支店に新しい日本人役員が着任した。それが事件の発端だった…。日本の海外進出企業のつまずきを軽妙に描いた表題作ほか2篇。“ビジネス最前線”小説集。

タイが舞台となった小説

小説 南国の業火―山田長政伝 シンプーブック

渡辺了昭

遙か海南の国で、国王を夢見た日本人がいた。徳川二代将軍秀忠の時代、シャムに単身密航した山田仁佐衛門長政。彼の、野望に燃え波乱に満ちた生涯を劇的に描く、歴史中編小説。

タイが舞台となった小説

春の雪 豊饒の海

三島由紀夫

維新の功臣を祖父にもつ侯爵家の若き嫡子松枝清顕と、伯爵家の美貌の令嬢綾倉聡子のついに結ばれることのない恋。矜り高い青年が、〈禁じられた恋〉に生命を賭して求めたものは何であったか? ――大正初期の貴族社会を舞台に、破滅へと運命づけられた悲劇的な愛を優雅絢爛たる筆に描く。現世の営為を越えた混沌に誘われて展開する夢と転生の壮麗な物語『豊饒の海』第一巻。

タイが舞台となった小説

メナムの河の流れ

愛田紀章

異文化のなかで苦悩する日本企業駐在員。日本人は国際社会のなかで異分子なのか…。タイで生活した筆者の実体験から生まれた小説。

タイが舞台となった小説


タイ バンコク ホテル サービス・アパートメント 格安 予約 タイ映画 タイDVD&ビデオを徹底的にかき集めてみました タイ文学 タイが舞台の本 タイ関連の本 タイ旅行ガイド :: タイ観光・就職の前に必読! 日本を代表する適性検査「内田クレペリン検査」がタイでもご利用いただけます

Copyright © タイ進出・タイ会社設立・タイBOI申請を日本国内でサポートするAsia Dynamic Communications Co. Ltd. All Rights Reserved.